給湯器大手のノーリツと子会社のハーマンは1997~2007年に製造した浴室暖房乾燥機計9万4756台の部品を無償交換すると発表しまし
た。

設計ミスで火災の恐れがあるとの事。

天井設置型で、50ヘルツ地域用のため、西日本は含まれていません。

設置から10~20年経っているので、どれくらいが残っているかは分かりませんが、対象台数は95,000台くらいで部品を無償交換するようです。
これくらいの時期から故障の確率が上がってくるのでしょうね。

早めの交換をオススメします。



にほんブログ村 サラリーマン日記ブログへ
にほんブログ村


スポンサーリンク